キャバクラ接客テクニック 6

5月 25th, 2012Posted by admin

★ 【乾杯】 お客様から飲み物をいただいた時にきちんとお礼を言えていますか?1杯1000円のドリンクを女の子にごちそうしてくれるお客様の立場にたつことが大切です。ある程度きちんと飲んでから「ごちそうさま」と席を立ちましょう。 ★ 【気配り】 人気がある女の子は、自分がついているテーブルのお客様に対する気配りはもちろん、自分がついていないテーブルのこともちゃんと見ています。例えば…。「あの席のボトルが空きそうだから、空けちゃって」、「あのお客様は今こんな感じだから」など。スタッフやヘルプの女の子にも気配りしています。営業メールもマメで、メールを同じ内容で一斉送信なんてもってのほか。気遣いばかりで、大変そうですが、これを自然にこなせるのが人気嬢になる秘訣です。 ★ 【記憶力】 キャバクラで記憶力はとても重要。一回しか接客していないお客様でも顔や名前を覚えておくことは重要です。顔や名前を覚えられるとお客様は嬉しくなって、常連になる可能性があります。顔や名前以外でも、お酒の好み、飲み方、趣味などを覚えておくと次に会った時に話題にすることができます。少し手間に感じるかもしれませんが、会話の内容や特徴をメモしておくといいかもしれません。小さな努力が指名に繋がりますよ! ★ 【お金】 ナンバーワンの女の子は、自腹を切ることをいとわない、キップのよさを持っています。お客様とのお付き合いに月何十万もかけているナンバーワン嬢も少なくありません。それは、使ったお金がきちんと自分に返ってくることが分かっているから。指名が多いと、それだけお客様にお誕生日プレゼントをあげる回数も多くなるけど、それをケチったりはしません。きちんと覚えておいて、ふだんの感謝の気持ちを込めてプレゼントをあげると結局自分に返ってきます。お客様の席で、自腹でドリンクを頼む子もいます。お客様には「いつもいっぱい使ってもらってるから、今日は自分のドリンクは自分で頼むよ~」くらいに言っておくんですが、たいてい最終的にはお客様が払ってくれることが多いです(笑)。払ってもらえなくても、自分のポイントが上がって、時給がアップすれば、問題なし。目先のことだけでなく、トータル的にいろんなことを考えられる力も、売れっ子嬢には必要なんです。 ★ 【ギャップ】 ルックスはある程度以上であれば、お店で一番かわいい子じゃなくてもナンバーワンになれます。それよりも大事なことはギャップです。見た目と中身のギャップがあると、とっても惹きつけられます。人気のある女の子は、「ナンバーワン」というイメージだけで、すごく「やり手」なイメージを持たれやすいですが、実は「ヌケていること」が多く、そのギャップがお客様に好印象を与えるというケースがが多いです。

キャバクラ接客テクニック 5

5月 18th, 2012Posted by admin

★ 【叱らせる】 人気キャバ嬢が接客するときのコツのひとつに「叱らせる」というのがあります。男性は何かにつけて悪いところを自分が矯正したがるそうです。そうして男性の矜持をくすぐる。思えばツンデレってのは、キャラとしては確立してるけれど、人としては不完全。その不完全さの許容・矯正が人気の秘密なのかも。 ★ 【待機中】 体験入店の時、希望時給は絶対に欲しいですよね。希望する時給をしっかりもらえるポイントは、まずスタッフからの信頼を得ることです。待機中はスタッフがいちばん注目しているところ。携帯をいじったり、友達とずっと話していたり、足を組んだりするのは印象悪いです。寝るのも厳禁!椅子に寄りかからず、私語はできるだけ慎みましょう。 ★ 【秘密】 お客様にすべてをさらけださず、秘密を作ることも大切です。特にお客様とのふたりだけの秘密は効果的。二人の間だけの呼び方や会話を作ると、お客様はそれだけで嬉しくなってしまいます。接客の中にドキドキ感をプラスしてみましょう。 ★ 【距離を縮める】 キャバ嬢に限らず人と仲良くなるには、何度も会うのがいちばん。キャバクラの場合、何度も会うということは、お客様が通ってくれるか、アフターするかのどちらかなので、仲良くなるまでに時間がかかります。会話の中でできるだけ共通点を見つけたり、5分に1回は褒めることが1回の接客で距離を縮め、次に繋げることになります。 ★ 【ボディタッチはほどほどに】 ボディタッチはお客様との距離を縮めるのに有効的と言われていますが、逆効果です。「よく知らない人とベタベタできるなぁ」「他の人にもやっているんだな」と思うお客様も多いからです。ボディタッチはさりげなく、瞬間的にドキッとさせるのがポイントです。

キャバクラ接客テクニック 4

5月 11th, 2012Posted by admin

★ 【延長】 ボーイがお客様に延長を伝えにきた時、「離れたくない」的な感じで、お客様の服の袖をちょこんとつかんでみて。それにキュンとする人は多いはず! ★ 【メールは短く】 お客様にメールを打つ時、うまい内容を考えようとしていませんか?はっきり言って、時間の無駄です!それよりも出来るだけ数をこなす方が賢いといえます。お客様にメールを打つ時は、恋人にメールを送る時と同じ感覚で送ってください。頭で考えた文章では、いまいち感情が伝わりません。送りたいことを素直に送った方がお客様には好印象です。 ★ 【新人】 あえて素人っぽく振る舞って、お客様に「これ、どうすればいいのー?」と聞いてしまうのもテクニックです。教えたがりのお客様にウケますよ。特に、キャバクラで遊び慣れてないお客様は清純派で素人っぽい女の子を好む傾向があります。いかにもキャバ嬢っぽい女の子は、彼らにとってはまだ未知の領域なんです。入店したばかりでお仕事に慣れていなくても充分に素人っぽさを活かすことができるからがんばって! ★ 【まめになる】 キャバクラでお客様の指名をとるには、地道な努力が必要です。一見だらしないように見えても顧客管理は完璧で、常にランキング上位入りをキープしている女の子はたくさんいます。まず、週3日以上きている太客には毎日最低1通のメールを送りましょう。疎遠になりそうなお客様には「久しぶり。元気?」と、営業っぽくないメールが必須です。 ★ 【フィーリング】 初対面の時に、お客様が重視するのは、フィーリングが合うかどうか。お客様の呼吸とテンションに合わせることに集中しましょう。人柄などがわかってきたら、そのお客様の好みに合わせて、キャラを作ってみるのもいいかも。 ★ 【心理誘導】 お客様は、基本的に“気晴らし”や“楽しむため”にお店に来ているはずです。嫌な思いはしたくないというのが原則にあります。お客様が来た時に何もなくても「どうしたの?嫌なことでもあった?」と聞いてみるのは、どんな場合にも効果的。何もない場合、「いや別に何もないけど。そう見えるかなぁ?そんなことないよ」と、お客様としては、そんなふうに元気がないように見られるのは予想外なので、元気にふるまおうとし、楽しい方向にもっていこうとします。「いい思いがしたい」の原則が働きます。この一言だけで、楽しい会話になるというわけです。本当に嫌なことがあった場合は、この子は本当に自分のことを気づかってくれているんだと感激して「えっ?わかった?実はね・・・」と嫌なことを吐き出します。人間って、こういうことを人に聞いてもらうだけで気持ちがすごく楽になります。毎回だと不自然ですが、上手に心理誘導してみてください★